消防訓練

排煙窓の修理の次の仕事が、ビル全体の消防訓練の実施をすることだった。

消防訓練自体は、小学校や新卒で入った会社で、訓練をする側でしたことはあったが、

自分で企画して消防訓練はしたことがない。

幸い、前任者が消防訓練の手順書を作っていてくれたので、その通りにすることにした。

うちのテナントビルは特定防火対象物で、年に避難訓練2回以上、消火訓練2回以上、通報訓練

1回以上の訓練をしないといけないらしい。

まずは、防火管理者(うちの会社のお偉いさん)と消防訓練の日程を決めて、消火・避難訓練通知

書と消防士の派遣依頼書を消防署に提出することから始めた。(うちのビルの消防訓練では、毎

回、消防士の人に来てもらって訓練に協力してもらっている。)

とりあえず、上記の書類の作成は初めてなので、以前の分を真似して提出し、無事に受理された。

その後にしたことは、消防訓練を実施するために運営側の日程調整をすることだった。

消防設備点検を委託している会社やビルの設備管理を委託している会社にも消防訓練を実施す

るための応援を頼んだ。そして、無事に日程調整は済んだ。

その後に、消防訓練の段取りを決めていった。とりあえず、初めてだったので、書類の提出同様

以前の消防訓練を真似ることにした。

流れとしては、消防訓練に関するビデオ鑑賞→消防士による講和→通報訓練→避難訓練→

消火訓練。

通報訓練に関しては、火事があった時に指令センターに通報するという想定でテナントの参加者と

消防士の人でやりとりしてもらうことにした。

避難訓練に関しては、避難の際の注意点を、上記の協力会社の人達からテナントの参加者へ

説明した後に、火事を想定して、避難経路から避難してもらうことにした。

消火訓練では、オイルパンで実際に火を焚いて、本物の消火器でテナントの参加者に消火して

もらうことにした。

段取りを決めたら、消防士や協力会社の人達と最終的な打ち合わせをして、テナントへ消防

訓練の案内をした。

消防訓練当日は、司会進行をしなければいけなかったので、とても緊張したが、始まってみると

何事もなく無事に消防訓練は終了した。

私がビル管理に携わった4年間で消防訓練は、10回ぐらい実施しているので、運営側としてはだい

ぶ飽きてきた。

しかし、訓練に参加する人からすると初めての人もいるし、訓練は同じことを繰り返して無意識に

でもできることが重要だから、やっぱりやらないといけないな・・・・。










コメント

このブログの人気の投稿

はじめまして

勤務10日目~20日目(辞めたいというか辞める)

明日から初出勤!!